MURDIARY

サブカルアラサーニート寸前

why should I be sad

※2017年に書いた記事です。

 

 

 

ブリちゃん来日ということで例の暗黒期のアルバム「BLACKOUT」を聴きなおしていた。 


ブリトニーは3rdアルバムからストレートなPOPSを脱して、色んなジャンル(レゲエ、テクノ、R&Bなど)がごちゃ混ぜになった4thアルバム「In The Zone」をリリースしています。日本でもよくありますが、ある程度売れたアイドルが自我に目覚めて、音楽でも自分の好きなことをやりたくなってしまった時期ですね。 

このアルバムはあまりに色んな種類の曲が混在しており、まとまりがなく、シングル曲以外はキャッチーさには欠けていました。セクシーさも強調するようになった時期だった関係か、スローテンポな曲ばかりです。 

「TOXIC」が大ヒットしたのでここからファンになった人も多いと思うのですが、収録されていたこのアルバム自体は実験的で、取っつきにくいものですので人には勧めにくいです。 

しかし、その次にリリースされたこのアルバムは全体的にクラブミュージック系でまとまっておりノリが良くて聴きやすいと思います。 

雰囲気もダークでまさにアルバム名通り。 

荒れた私生活と反比例するように大ヒットを記録しました。 

私はブリトニーの全アルバムで3rdアルバムの「BRITNEY」とこれが特に好きです。 

ブリトニーの少し粘り気があるキャンディボイスが無機質な曲群と合ってます。 
あと、このアルバムのほとんどの曲を担当したプロデューサーDanjaが度々低くコーラスで歌っているのですがブリトニーの高い甘い声と相性がいいです。 

(ちなみに、このdanjaは同時期にブリトニーの元カレ、ジャスティン・ティンバーレイクミッシー・エリオットの曲をプロデュースしてヒットさせたティンバランドの右腕です。) 

歌い方も自分の声の良さを生かしたような歌い方で、曲によってかわいらしかったりセクシーだったりとうまく歌いこなしていて聴いていて小気味よいです。 

日本版のボーナストラックに至るまで、捨て曲がない本当にお勧めのアルバムです。 






さて、今回は一番最後に収録されている「why should I be sad」という曲について。 



歌詞を読むと離婚相手、ケヴィン・フェダーラインへ歌った内容なのですが、(想像通りやっぱりどうしようもないヒモ男だったんだなあと感じましたw) 


「サヨウナラ そろそろ前に進むわ サヨウナラ 楽しくやるわ 悲しい歌はもうたくさん いいの 今こそ私の時」 


といった決意も自分へ告げている。 


そこへ「Britney Let's Go!」というこの曲をプロデュースしたファレル・ウィリアムズの声が被さるように入るのですが、この声援を送るような声にファレルの優しさを感じて泣きそうになりました。 

ファレルといえばブリトニーの代表曲「I'm a Slave 4 U」と「Boys」をプロデュースし、ヒットさせた過去があります。 

ブリトニーが奇行で騒がれていた時、マスコミはファレルにもこの件についてコメントを求めますが、ファレルは 


「ほっといてあげようよ。彼女はホントはいい子なんだから。確かに彼女は世間の人が賛成しないような決断を下しているけど、それは彼女にいろんなプレッシャーがあって、誰もがそういう時期があるんじゃないかな。」 


と彼女を庇うような返事をしています。 



当時、中には面白がって笑いのネタにする人たちもいましたが、大体の同じ業界の歌手やタレントはパパラッチの酷さを知っているため、ブリトニーへ同情的でした。 

実際、パパラッチのブリトニーへの執拗で悪質な追跡、報道は異常で、そのストレスと私生活が上手くいかないことが重なって奇行へと繋がってしまったのです。 



私が一番酷いと思ったのは自宅の外で、飼い犬を抱いて座り込んで泣いているブリトニーを取り囲んで「一人にして」と言われても無視してフラッシュを焚き続け追いかける場面です。 



お前らの血は何色なんだと問いたくなります。 


私は日本のTVでブリトニーの奇行の部分しか報道せず、面白おかしく笑いものにしていることがずっと悲しかった。 

事態は笑えるものじゃなくて、ずっと悲劇的だったのに。 








未発表曲ではありますが、同じくファレルがプロデュースしている曲「sugarfall」もかわいらしい曲で大好きです 








自身がソロで大成功した今、なかなか機会がないでしょうが、またファレルがブリちゃんに曲を作ってくれる日がくるといいな。 

適材適所

※2013年に書いた記事です。







ミーハーなのでマーク・ロンソンが好きになっています 



スーパーボウル2013年のハーフタイムショーを務めたブルーノ・マーズをフューチャーした「Uptown funk」がマイブームです。 





朝聞くと良いよ! 







こういう作曲を主とするDJは、フューチャーするミュージシャンのキャスティングについてはセンスが問われると思うのですが、UptownFunkの次にシングルカットされた曲はそのセンスが冴えわたっている…! 

と個人的に思いました 







前提として、私にはHIPHOPの知識はありません 

ネリー、エミネムショーン・ポール(レゲエだっつの)が好きー!とか言ってた中高生時代。 



この曲に客演してるMystikalというラッパーについても全く知識はありませんでした 

上記のURLのPVでは審査員役で数秒映るのみのMystikal。 

普通にファンク系の歌手かと思っていたら、すでに一旗揚げていたHIPHOPのスターだと言う事が分かり驚愕しました 





現在HAPPYでチャートを席巻しているファレル・ウィリアムスことthe neptunes のプロデュースの曲、Shake it fastが2000年にヒット。 




そのあともいろいろ曲がちょくちょくヒットしていたようです(聴いてみましたが、Mystikalの暑苦しさに熱射病になりそうになりました) 

ダミ声系ラッパーとして個性を発揮し、支持を得ていた模様。 


しかし、元ヘアリストの40代女性にレイプ容疑で訴えられムショ行き。(どうやら冤罪っぽいです) 

模範囚だったため、短期間で出所できたようです。 

看守にも囚人にもサインを求められまくり大人気だったとか。 





正直ソロラッパーとしての彼に興味は無いかもしれません 

しかし、ダミ声と南部訛りの独特の発音、シャウトはマーク・ロンソンが作るファンク調の曲に見事はまっています 


お得意のラップを披露しつつも心地よいダミ声のシャウトがトラックと調和しており、Mystikalの持つ個性を最大限に発揮しています 


ソロでは正直「うるせーな!」と感じていた彼の声が、ファンキーな曲に乗ると思わぬグルーヴを生んでいる。 



もちろん、歌いこなしたMystikalもすごいと思うのですが、彼の持つポテンシャルを見抜き、活かしたマーク・ロンソンにも脱帽です。 







最後に、Mystikalの曲、Dangerを張っときます 



砂漠なのにタートルネックとか着ておまけにダミ声で暑苦しさが充満しています(笑) 



いやあこの頃に比べたら痩せたんだね…w 
ムショ帰りだからなのかは分からないけど(笑) 

心なしか今の方がイケメンに思えるw 






      

ブリトニーVSアギレラ

始めました。

 

洋楽ミュージシャンなど書きたいことを書きなぐるところです。

 

よろしくお願いします。

 

 

 

以下、勝手に比較、批評します。

 

 

永遠のライバルと言われているブリトニー・スピアーズVSクリスティーナ・アギレラ

 

本人たちは比べられすぎて、ウンザリしているでしょうけどw

ガラスの仮面で言えば、マヤがブリちゃんで亜弓さんはアギレラといった位置づけですねw


今回は主演映画編です。

 


まずは、ブリトニー主演作「Crossroads(邦題:ノット・ア・ガール)」(2002)

 


Crossroads - Trailer

 

私はこの映画をわざわざ映画館へ観に行きました。

当時中学生。

きちんとしたパンフレットが売店に置いていなくて、プレス用だと説明されカレンダーのようにクリアケースに入った小さな写真集を買いました。

まだ大事に家にあります。


ストーリーは余り覚えていないですw

思春期の少女が仲間との旅を通じて成長して、恋もして…といったような特筆するところはないようなロードムービーだったような…

まさにアイドル映画…ブリトニーの魅力を全面に押し出した作品です。

劇中にシングル曲を歌うシーンが何シーンかあるので、前年に発売したアルバム「Britney」の販促的な意味合いが強いように感じます。(日本とは違い、アルバムを出してからも収録曲をシングルカットして売り上げを伸ばすことも多いです。)

長く撮ったMVとして見るのが正しいのかも。


演技については可もなく不可もなく…演じているというよりそのままのブリトニーなのでコメントのしようがないです。

ブリトニーのことが好きじゃないとぶっちゃけ、最後まで見るのは辛いと思いますw


主題歌は「I'm Not A Girl, Not Yet A Woman」です。邦題もここから取られています。

作曲は当時エミネムの曲「Stan」にサンプリングされ、注目を浴びたDidoという女性歌手。

ブレインが優秀なのか、きちんと流行を抑えた曲を入れているのが流石。

単純に良い曲です。

問題作「Everytime」がリリースされるまでは、ライブでは生ボーカルでこの歌を歌うのが見せ場の一つにもなっていました。


映画の内容に沿うように少女から大人の女性に成長する自分のことを歌う歌詞です。

グランドキャニオンや鍾乳洞をバックにブリちゃんがしっとりと歌っているMVはとても目の保養になります。大自然ブリちゃんも美しい…!


Britney Spears - I'm Not A Girl, Not Yet A Woman



彼女の全盛期といってよい時期ですので、この時期に主演映画一つ残せたのはよかったのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

対して、クリスティーナ主演作「Burlesque(邦題:バーレスク)」(2010)

 


Burlesque - Official Trailer with greek subtitles

 

こちらも公開当時に吉祥寺のミニシアターで観ました。

結果、すっかり感動して、後にDVDを買ってしまいました。


ストーリーは、歌手を目指して田舎から出てきたアギレラ演じる女の子が、クラシックな踊りと歌を披露する「バーレスク・ラウンジ」でスターとして上り詰める話。

ウエイターで働いている作曲家志望の男性との恋もあり、歌手のシェール演じるバーレスクの経営者との交流など…

ストーリーも惹きつけるだけの内容がきちんと詰まっており、ひたすら我が強いイメージのアギレラではありますが、演技は意外にも抑えめでラブシーンもかわいらしさが出ていて好印象でした。

とにかく、全編アギレラの押しの強いコブシの効いたボーカルが思う存分堪能できます。

歌唱力が評価されている彼女ではありますが、実はダンスも上手いのでそこも要注目。

体型もスマートな時期なので露出の高い衣装も似合っていて綺麗です。

 

 

 


ブリトニーとは対照的に、公開年2010年はアギレラにとっては苦難の年といってもよいでしょう。

この年に、リリースしたアルバム「Bionic」はエレクトロポップといったイメージを打ち出したものでした。

しかし、レディーガガがすでにブレイクしていたため、どうしてもイメージが被ってしまい、結果大コケ。(髪型もブロンドのストレートヘアと似ています。)

このアルバムはレディーガガが売れる前からレコーディングしていたものであり、2年をかけた力作でした。

大ブレイク前のラッパー、ニッキー・ミナージュをフューチャリングした曲もあり、本当に惜しい作品だと思います。

ガガをコピーした!などとネットなどで噂されアギレラは悔しくてたまらなかったと思います。

実際、当時ガガについてインタビューで尋ねられても「彼女なんて知らないわ」といった返事で不快感をあらわにしています。

映画公開後は、元夫との別居なども重なり、生活が荒れたせいか、体重も激増…

確実に低迷期といえる時期でしたが、この映画に出演したことで、ハリウッドのウォークオブフェイムに名前入りのプレートが埋め込まれ、殿堂入りを果たすことができました。

また、現在の婚約者はマシュー・ルトラーはこの映画の撮影アシスタントをしていました。彼との間には子供も儲けています。

この映画出演がなければ、アギレラはディーヴァの座を失脚していたかもしれません。

彼女のキャリアに置いてはかなりターニングポイントになっていると思います。

 

 

 

 

劇中の、同僚の妨害で音源が途切れたので、生ボーカルで歌いだすこのシーン。

映画や漫画にありがちな、主人公の隠れた才能に周りが驚くシーンなんですが、ベタではあるけれどこういうシーンはやっぱり気持ちよくてたまらないです…!


Tough lover movie clip.avi

 


あと、脇を固める大御所歌手シェールの妖しい存在感と歌唱力も外せないのですね。

当時63歳ですが、積み重ねて来た人生から生じる歌への説得力…迫力は必聴です。

<externalvideo src="YT:LD7UtPtyuV8">


アギレラとシェール…新旧ゲイ・アイコンが共演しているというだけでも胸熱な映画です…!

 

ちなみにプロモーションとして何度か公に劇中歌を披露していたのですが、このころにはアギレラの体型がすっかり崩れてしまっているのが残念です。

 

 

 

 

 

 

 


総評としては、アギレラの「Burlesque」に軍配が上がると思います。

アギレラのファンでなくても楽しめる内容になっていると思いますし、非日常的なバーレスクの妖しい雰囲気が魅力的な作品です。

アギレラのボーカルが嫌というほど聴けますし、色んな衣装や表情も見れてファンも満足度が高いと思います。

 

純粋にエンターテイメント作品として優れていると思います。

 

何度も観たくなる映画ですね。


数字の話にはなりますが、興行収入も2千ドルほど「Burlesque」のほうが上です。

…あんな映画で6千ドルも収益上げれるブリトニーもすごいと思いますがw

 

 

 

 

 


挿入歌で何故かマリリン・マンソンの「beautiful people」をカバーしているので、サントラもきちんと買おうと思いますw


Christina Aguilera - The Beautiful People (Full) - Burlesque